スマホ代6000円超えた人のMVNO活用術

スマホ代6000円超えた人のMVNO活用術

2017年3月に発表されたスマホ平均料金は、

  • 大手3キャリアが7,876円
  • MVNO(格安SIM)が2,957円 

参考記事 MMD研究所:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1637.html

この平均料金どう思いますか?

約5,000円の差があります。年間で6万円です。6万円あったらできること増えそうじゃないですか?

ホリエモンは雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」の中で、

  • 「お金がない人ほど高い料金を払っている」
  • 「そもそも最終的に自分がいくら払うのか把握してない」
  • 「ファッションの一部として高い料金を払うならいいけど」

というようなことをひろゆきさんとの対談で話しています。

参考記事:http://wpb.shueisha.co.jp/2018/05/05/104006/

 

認知度80%以上、利用者15%未満

数年前からMVNO(格安SIM)のCMがどんどん増え、知っている人は増えました。

OCNモバイルをマツコデラックスが、mineoを有吉やベッキーが、楽天モバイルを本田圭佑やYOSHIKIが、と大手が超有名人を使って一気にやってました。

認知度は上がりました。

ただ、内容を理解している人は50%を切ると言われています。

  • どこで契約すればいいかわからない
  • どこを選べばいいかわからない
  • まだ端末代金の支払いが残っているのに新しくスマホを買うのは嫌だ
  • SIMロック解除ができない
  • まわりに使っている人がいないから使わない
  • 速度が遅いらしいから使わない

などなど、いろいろな疑問や間違った解釈が多いのかなと思うのと、iPhoneがいいからと大手キャリアを選んでいる人が多いというのが、まだまだ内容理解と利用者が増えない要因なのかなと思います。

最初に書いたように、平均料金は約5,000円お得になるのがMVNO(格安SIM)です。

ここに興味を持った方は最後までお読みいただけると嬉しいです。

 

格安SIMと格安スマホの違い

ごっちゃになっている人が多いので一応解説します。

スマホで電話やネットをするというのは、スマートホンという端末を所有し、キャリアと通信契約をしてSIMカードを端末に挿入して、はじめて使えるようになるものです。

大手3社は端末の販売と通信契約をセットで行っているので、ごっちゃになる原因ですね。

  • 格安SIMというのは、通信契約を大手3社以外の比較的料金の安いキャリアと行うこと。
  • 格安スマホというのは、端末代金が安い(~5万円くらいの)スマホのこと。

各MVNO(格安SIM)のキャリアも、端末とのセット販売をしていますが、基本は利用者が自由に選べるということになります。

 

MVNO(格安SIM)の料金

各社によって違いはありますが平均すると、

  • 3GBで1,000円~1,500円前後
  • 7GBで2,500円~4,000円前後

このようになっています。

最近は通話プランも5分かけ放題や完全かけ放題なども出てきましたが、基本は30秒で20円の通話料がかかるプランになります。月間の通話時間が、5分なら200円・10分なら400円・20分なら800円・60分なら2400円という感じです。もともと通話をしなくなった(LINEなどのアプリでの通話に変わった)ため、通話プランにお金をかける(かけ放題など)必要がなくなったというのが、大手からMVNOに変えるきっかけになったとも言えます。

 

つまり、通話はほとんどしない(アプリでOK)という人なら、上記の平均的な料金でスマホを使うことができます。

 

使えるスマホと格安スマホについて

料金のイメージができたら次は使えるスマホについてです。

まずMVNO(格安SIM)はドコモの回線を利用している会社がほとんどで、auやソフトバンクの回線を使う場合はかなり少なくなります。現在利用しているキャリアのスマホ(端末)をそのまま使うなら、そのキャリアの回線が使える会社じゃないとだめです。

例えば現在ドコモを利用していて今後Y!mobileに変えたい場合、ドコモのスマホではY!mobile(ソフトバンク回線)は使えないので、スマホを新しく手に入れる必要があります。

 

一応、最近のスマホ(端末)は一定期間利用するとSIMロック解除というのができます。ロックを解除すればどこの回線を使うこともできます。各キャリアのサイトに対応機種があるので確認してみてください。

 

mineoのCMで今のスマホがそのまま使える!なんてことを言っていたので、なんとなくご存知の方も多いと思いますが、仕組みとしてはこんな感じです。

 

では、格安スマホってなんなのか、ということですが、簡単に言うと、AndroidOSが搭載された価格が安いスマホのことです。

Amazonで「格安スマホ本体」と検索してもらうとわかりますが、1万円を切るスマホも結構あります。1.5万円~3万円くらいのスマホが多いです。もちろん5万円以上するスマホも売っています。ZenFoneやXperiaなどは有名ですね。

基本的に格安スマホというのはSIMフリーとなっていて、どこと通信契約をしても大丈夫になっています。AppleStoreにあるiPhoneもSIMフリーです。中古などのスマホを購入する場合は、元々がどこの回線(キャリア)だったのかを見落とすことなくチェックしてくださいね。

 

最近はSIMロック解除済みなども売られるようになってきてますので、わからない場合は店舗ならお店の人にオンラインショップなら問い合わせをするといいと思います。

 

大手キャリアからMVNO(格安SIM)に変えるときは、

  • 今使ってるスマホを使うのか
  • 新しくスマホを購入するのか
  • 購入するなら新品か中古か

この辺をチェックしてもらうとよいです。

 

MVNOの注意点

実際に契約する際の注意点などを説明します。

契約に関して

基本的にはWEB上での契約になります。一部キャリアは店舗があります。ただ数が非常に少ないです。ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店で契約もできますが、キャリアスタッフがいるのではなく、各電気店の社員や派遣社員が対応するだけです。

店舗がないということは、困った時や壊れた時やおかしい時に、電話もしくはWEB(メールやチャット)での対応となります。

こういった人件費を削減することで安くなっていると考えていいと思います。

 

切り替えた際に使えなくなる機能

  • メールアドレスが変わる

これはキャリアメールと言われているものです。@docomoとか@softbankとか@ezwebとかです。スマホをお持ちの方ならすでにgmailを持っている方がほとんどです。忘れている人もいると思いますが、Android端末の人は100%持っています。iPhoneの人はgmailもしくはiCloudを持っていると思います。これらフリーメールはキャリアや端末が変わっても継続利用できます。

  • キャリア支払い機能はなくなる

今までアプリの課金やLINEスタンプの購入をキャリアの料金と合わせて支払いをしていた場合、それはできなくなります。継続課金・月額契約などをしていた場合はキャリアチェンジ後利用不可になります。

  • 支払いはクレジットカードのみ(がほとんど)

MVNOキャリアは基本的にはクレジットカード支払いになるため、デビットカード・口座引き落とし・コンビニ払いなどはできないです。

*一部対応しているキャリアもあります。後ほどおすすめキャリアで紹介します

 

ということで、基本はこの3つです。

つまり、キャリアメールで何かの登録をしていた場合は、キャリアチェンジする前にメアドの変更をする必要があります。またもしクレジットカードを持っていないor絶対に支払いで使いたくない場合は、下記のオススメキャリアの支払い方法がクレジットカード以外の会社をお選びください。

 

まえまえ前橋オススメキャリアの紹介

各社いろいろなサービスがあります。ここでは料金面・サービス面から独断と偏見でオススメを紹介します。

料金面 選考基準:安い(笑)

DMMmobile 対応回線(ドコモ)

https://mvno.dmm.com/
  • 支払い:クレジットカードのみ
  • 契約期間縛り:利用開始日を含む月の翌月から12ヶ月後の月末日 
  • 3GB:1,500円
  • 5GB:1,910円
  • 10GB:2,890円
  • HP:https://mvno.dmm.com/

 

mineo 対応回線(ドコモ・au)

http://mineo.jp/
  • 支払い:クレジットカードのみ(eo光サービス契約者は合算も可能)
  • 契約期間縛り:なし(利用開始月翌月から12ヶ月以内にMNPで他社に転出すると12,420円が発生する。なお13ヶ月目以降は2,160円。)
  • 3GB:ドコモ1,600円・au1,510円
  • 6GB:ドコモ2,280円・au2,190円
  • 10GB:ドコモ3,220円・au3,130円
  • HP:http://mineo.jp/

 

OCNモバイルone 対応回線(ドコモ)

https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html
  • 支払い:クレジットカードのみ
  • 契約期間縛り:利用開始月(ご契約手続きが完了した日の10日後)を1ヶ月目として6ヶ月目まで。
  • 110MB/日(3.3GB/月):1,600円
  • 170MB/日(5.1GB/月):2,080円
  • *30日で計算しました。
  • 3GB/月:1,800円
  • 6GB/月:2,150円
  • 10GB/月:3,000円
  • HP:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

 

IIJmio 対応回線(ドコモ・au )

https://www.iijmio.jp/
  • 支払い:クレジットカードのみ
  • 契約期間縛り:1年
  • 3GB:1,600円
  • 6GB:2,220円
  • 12GB:3,260円
  • HP:https://www.iijmio.jp/

 

サービス面 選考基準:これあったらいいよねがあるところ

LINEモバイル 対応回線(ドコモ)

https://mobile.line.me/
  • 支払い:クレジットカード・LINE Pay・LINE Payカード
  • 契約期間縛り:利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)
  • 3GB:1,690円
  • 5GB:2,220円
  • 10GB:3,220円
  • HP:https://mobile.line.me/
  • LINE・Instagram・FaceBook・Twitterの利用時のデータをカウントしない

 

楽天モバイル 対応回線(ドコモ)

https://mobile.rakuten.co.jp/
  • 支払い:クレジットカード・デビットカード・口座振替
  • 契約期間縛り:開通月を1ヶ月目として12ヶ月目まで
  • 3.1GB:1,600円
  • 5GB:2,150円
  • 10GB:2,960円
  • 楽天ポイントで支払い可能
  • 楽天カードを多用しているならこれ一択
  • HP:https://mobile.rakuten.co.jp/

 

ちょっとおもしろいキャリア

Xmobile 対応回線(ドコモ)

https://www.mosimosi.co.jp/
  • 支払い:クレジットカード・店舗契約なら口座振替可能
  • 契約期間縛り:利用開始月(SIMカードの到着日が含まれた月)から12ヶ月
  • 3.5GB:2,180円
  • 5.5GB:2,780円
  • 10.5GB:3,980円
  • 料金の1%を発展途上国に寄付。使っているだけで社会貢献ができる
  • HP:https://www.mosimosi.co.jp/

 

実際にMVNOキャリアはたくさんあり、どこがいいのかもそうですが、どこが自分に合っているのかを決断するのがかなり大変です。

そこで今回こちらの記事をご覧いただいた方に、

  • 実際どれくらい安くなるか料金診断
  • 現状の利用状況からドンピシャのキャリア紹介
  • キャリアチェンジ簡単マニュアル

こちらを無料相談という形で提供します。実際にお会いして60分~90分くらいお時間をいただいて、上記のお話をします。お会いする場所はカフェなどでお茶をしながらと考えてます。ご自身の飲み物代はお支払いください。

4人までなら同時に対応できますので、ご家族やご友人と一緒に参加いただいても大丈夫です。

もし、スマホ代を安くしたいと少しでも考えている場合は、どうぞ気軽にご相談ください。

 

格安SIM乗換え相談

*場所の詳細はお申し込みいただいた方にお知らせします

*日時はお申し込み時にご希望日時を選択していただきます

*カフェの飲み物代は500円前後になります

*いただいた個人情報はこの案件以外に利用はしません

 

下記のようなかたは申し込みをご遠慮願います。

  • 宗教の勧誘目的
  • 何かの 売り込み目的
  • すでにMVNOを契約している方

実際に切り替えるかは決めてない方が多いと思います。なので無料相談とさせていただきました。少しでもMVNOに興味を持ってもらいコストカットのお手伝いになればと考えています。

 

担当者紹介

真下知太郎(ましも ともたろう)

https://www.facebook.com/tomotaro.mashimo

  • 通信サービスに合計10年携わる
  • ドコモショップでの勤務経験もあり、料金体系に大いに疑問を持っていた
  • MVNOを契約して3年
  • 利用端末は3台目
  • この3年で約200名の乗換えの相談を受ける
  • iPhoneがもっと安くならないかなと願っています
  • 中古端末を使うことを気にしていません
  • 3年前ガラケーとスマホの2台持ちで約8000円でした。
  • 現在スマホ1台のみで約3000円になってます。
  • 差額は5000円なのでこの3年で18万円ほどコストカットできています。

過去にご相談いただいた方の一例を紹介すると

40代主婦

ご自身と旦那さんでスマホ2台タブレット1台ルーター1台で約2万円

キャリアチェンジ後スマホ2台とルーター1台で約1万円に。

20代会社員

スマホ1台とタブレット1台で約1.3万円

キャリアチェンジで端末そのままで約6000円

30代自営業

スマホ1台とルーター1台で1.5万円

キャリアチェンジでスマホ1台のみにして約5000円

 

などなど基本的には半額から30%くらいになった人が多いです。

  • 月3000円のコストカットだとしても年間3.6万円→韓国ならいけるかな。
  • 3年で10.8万円→Mac買えますね。
  • 10年で36万円→結構いろいろなとことに行けますよ!

家族で契約している人なら、月1万円、年間12万円、3年で36万円、10年で120万円につながります。

スマホは今後使い続けるものだからこそ、適正価格で利用して、本当に必要なコトにお金を使えるようになればいいなと思います。

 

無料相談申し込みはこちらから↓↓↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/96157812573127

みなさまからのご依頼をお待ちしています。