預金・貯金・貯蓄の違いってわかりますか?

編集長の部屋
先着1社のみ!!

お金の基礎とも言える超基本的なこと。

秋には消費税が10%になるし、盛んにキャッシュレスがどーとか、ゼニクレイジーがあーだとか言っているので、超基本的なことを調べてみました。

貯金と預金の違い

もし知らなかったとしたら1つ知識が増えたってライトな感じで捉えてください。

預金とは、

銀行・信用金庫などにお金を預けること

貯金とは、

ゆうちょ銀行・農協・漁協にお金を貯めること。

以上。

で?って感じですかね。へ~って感じですかね。どっちでもいいじゃんと捉えてもいいですし、使い分けるならそれでもいいのかな。預金封鎖は聞いたことあるけど貯金封鎖はないかもとか、預金箱はないけど貯金箱はある。みたいな感じ。

そもそも銀行は企業が利用するものでゆうちょは個人が利用するものだったので、預金と貯金に別れているそうです。意味は基本的には一緒だと。

あとは元にした英語の違いがあるようですね。預金は「deposit(デポジット)」から、貯金は「saving(セービング)」からだそうです。

貯蓄ってなに?

預貯金の対象は金銭だけ。貯蓄は金融資産全部のことを指します。広辞苑には貯蓄とは財貨をたくわえることとあり、財貨とは金銭を含めて価値のあるものという意味です。

予備知識としてマクロ経済学ではこんな式があります。

所得=消費+投資=消費+貯蓄 → 投資=貯蓄

貯蓄の種類としては、株式や投資信託、不動産の投資商品など。保険や個人年金も貯蓄になります。貯金も金融資産の一部という感じです。

結局、お金がないと始まらないのか?

なんて話になりそうなのですね。お金を貯めるのも株を持つのも、仮想通貨にしたって電子マネーにしたって、ドルとかユーロとかポンドを持つにしたって日本円が必要です。

この日本円をどのように手に入れるのかが変わってくるのがこれからの時代ってことですよね。今まで通り時間をお金に変える方法はきっと無くなりません。どんどん少なくはなるでしょうけど。

情報やアイデアをお金に変える方法がどんどん増えてきます。申請すればもらえるところも窓口は増えると思います。金額は減るかもしれませんが、より多くの人がもらえるようになるならそっちのほうがいいかなって思います。

念のために付け加えますが、クラファンとかでお金を集めて貯蓄に回すとか、補助金とか助成金とかをうまいことやるってことを言っているわけではないですからね。

月に10万円貯蓄に回す=月に10万円所得を増やす。そのための新事業や副業を少しでもスムーズに進めるための情報やアイデアをお金に変える方法がって意味ですからね。

預金封鎖よりも貯金没収よりもタンス封鎖が一番困ったりして。。。

お金についてはいろいろな角度からいろいろな解釈があるので、これからもどんどん出していこうかな。それとも興味ないですかね^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました