小学生は本当に元気がありすぎ。運動をすることでたくさんの学びがある

編集長の部屋
全角18文字の文章を表示できます

午前中にわかば小学校で地域の子供達と遊んできました。約20人くらいが2時間半全力で遊ぶと、おじさんにはきつすぎます。

苦手を克服する前にやること

すごく驚いたというか感動したのが、指導員の人の声かけ。

うまくいかないなーってところをちゃんと自分で知るんだよーって。ストレッチならここまで届く。サッカーのパスならどこで蹴ると相手に届くか、ドリブルなら左足はあっちこっち行っちゃう。そんな感じでずーっと考えさせるように声をかけてました。

もちろん子供達はそんな言葉は理解してないと思うけど、感覚的にわかるのかなって。1人くらいいるんだよね、すげーうまくなる子が。そうするとどんどん楽しくなっていろんなことにチャレンジしていく。

自分がうまくいかないところを知らないとうまくなろうと思えないからね。人と比べる必要はないよって言っていたように思いました。

10歳までにいろんな運動をしてほしい

20年くらい前にサッカーの指導者講習に参加した際、7歳~10歳くらいまでをゴールデンエイジっていうのを教わりました。細かいことは忘れたけど、この期間にいろんな運動をして体を動かすことで、運動神経がえらく発達するってやつ。

1つのスポーツに絞ってもその中でいろいろな運動はするからなにをやるかは子供が興味を持てるものでいいんだよね。僕はサッカーしか知らないのでサッカーをオススメします^^

といっても、体操クラブにもいたし水泳クラブにもいたかな。その中で続いたのがサッカーだったってだけ。個人競技は向いてなかったんだろうね。

隔週であるみたいだからまた参加させてもらいたいなって思いました。運動不足解消になればと思ったけど、2,3ヶ月は午後はポンコツになりそうです。今も眠気と戦ってます笑

タイミングもあるけど結婚して自分の子供と遊んでみたいなって思いました。ってことで、婚活イベントは男女の出会いだけじゃなく地域の子供達と触れ合うようなイベントにしたら、より活性化するんじゃないかなと思います。

縁活プロジェクトさんとかで取り入れてくれないかなぁ^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました