SDGsについてもっと積極的に取り組んでもいいと思います。1人でもできる取り組みについて。

コト
先着1社のみ!!

本日4/14は群馬で初のSDGsの大型イベント『2019ぐんま発 SDGsAction!』がありました。午前中から始まり懇親会を含めて16時過ぎまでかなり長い時間開催されました。

そこで感じたこと、そして企業や団体だけではなく個人としてどのように関われることができるのかを簡単にまとめていきます。

そもそもSDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

https://www.mofa.go.jp

17のゴール

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも 経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任 つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

この17の目標を達成していこうというものです。国レベルでの考え方もありますが、個人的には地域ごと、そして自分がどのように拘るのかを考えていくことが大切であると感じます。

SDGsについて詳しく知りたい方はこちらの からご覧ください。

SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform

第1部 (大人の部)今井健太郎氏 “SDGsの経営戦略”

SDGsに関わる事業をこれからするのではなく、今ある事業・強みをSDGsという視点から見ると新しい価値観が生まれてくるのではというもの。

今井さんの話の中で「Googleの検索データではSDGsと地域の検索だと東京が1位にあり群馬は40位」ということでした。現在検索をしても群馬県内でヒットする企業や団体はほぼありません。取り上げられた企業はあっても実際”今”何をやっているかはわからない、というのが真実です。

これにはいろいろな課題があると思いますが、単純に群馬県民はSDGsを知らない。ということだけだと考えられます。知らないことに興味を持つことはできないので。

今井さんもそのようなことをお話ししていました。SDGsに取り組むということは新しい価値観を創造することなんだと改めて感じました。2030年まであと11年。この11年の中で何ができるのか、まずは何から始めればいいのか、それを始めるのは1人ひとりの小さな1歩からしか変化は生まれない。そう感じます。

第2部 対談”今群馬に何が必要か?”

対談者紹介

佐藤 祥平(JICA群馬デスク)

田中永美 (2018ミス・アースジャパン東京大会 ミス・ウォーター)

齋藤 秀典(Saitogunma CAJON カホン屋サイトウグンマ代表) 

塚田敏則 (株式会社環境システムズ 代表取締役)

今井健太郎(株式会社ライフドラムラボ 代表取締役社長) 

川内柊佳(030SDGs公認 高校生ファシリテーター)

司会:山田彩乃(2015ミス・アースジャパン日本大会 グランプリ)

6名のスピーカーの方がそれぞれそんな取り組みをしているのか、今後どのような活動やビジョンを描いているか予定時間をオーバーするほど熱く話していました。

SDGsに関わることは後付けでもいいと思いました。それよりもこれからどんなことを成し遂げたいのか、どうありたいのか。その夢やビジョンを持つことでSDGsの17の目標と重なることもあるはずです。

また、17の目標から関わりたいものを決めるのもいいと思います。すでにある活動をするのもよし、自分で考えて始めるのもよし。ルールや規制ではなく行動をすることが必要であり大切であると感じます。

ぐんま発 SDGs Action!についての詳細はこちらをご確認ください。

https://www.facebook.com/sdgs.gunma

SDGsについては今後もいろいろな形でイベントやプロジェクトが動き出します。そのすべてとは言えませんが、前橋に関わることについてはどんどん取材させていただきたいなと考えています。

また、まえまえ前橋としては今後SDGsに関わるイベントなども開催していきたいと考えています。目標があるということは、課題があるということです。それがどんな課題でどんな問題があるのかを知ることから始めていきます。

そして、2030年までに自分はどうありたいか、地域はどうありたいか、1人でできることからチームを組むことも含めて、動き続けらるように企画していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました