赤城山の新企画!寒いから、荒天だから楽しめる!詳細はここから。

GIA群馬イノベーションアワード2018ファイナルステージ

GIA群馬イノベーションアワード2018ファイナルステージ

2018年12月1日にGIA群馬イノベーションアワード2018のファイナルプレゼンテーションが開催されました。ファイナリストの紹介と受賞者の紹介をしていきます。

GIA2018コンセプトは『群を抜け』
コンセプトは『群を抜け』

目次が長いので不要な方は閉じてください。

目次

ファイナリスト紹介

 

ビジネスプラン部門 高校生の部

GIA2018ファイナリスト ビジネスプラン部門高校生の部
GIA2018ファイナリスト ビジネスプラン部門高校生の部

定年世代 就農支援事業「アグRe:Start」

太田市立太田高等学校3年 藤井ミレナ・太田直輝

退職後の生きがいとして気軽に農業を始めてもらうことで、耕作放棄地の減少と地域の活性化を図ります。

 

被災者が必要としている物資や人材をマッチングするアプリ開発

群馬県立太田東高等学校2年 川島一翔・江本陽哉

被災者が必要としているものと支援したい人を直接つなげるCtoC型のボランティア支援アプリの開発。

 

何もないを魅力に ZINEで始める新しい群馬の観光

群馬県立前橋高等学校1年 中澤陽

ありのままの群馬を売りにした群馬観光ガイドZINEを作製・配布し、国内外の観光客を集客する事業。

 

MR(複合現実)を用いた職場体験ビジネス

群馬県立高崎高等学校2年 加部隆太・吉岡奨悟

インターンシップに参加しないと体験できない職業を、MRを用いていつでも簡単に他県できるシステムの提供。

 

ビジネスプラン部門 大学生・専門学校生の部

GIA2018ファイナリスト ビジネスプラン部門高校生の部
GIA2018ファイナリスト ビジネスプラン部門大学・専門学校生の部

アグリウム=アグリカルチャー×アクアリウム

中央農業大学校2年 武彩伽

農と食のアミューズメントパーク。農作物とエンターテインメントを掛け合わせ、非日常空間を届けます。

 

たまZOON 〜実際に届く育成ゲーム〜

群馬大学2年 伊藤裕喜

スマホで野菜を育成し、それが実際に届く。群馬の魅力を発信する育成ゲームの新たな形

 

研修医教育支援サービス「train doctor-in-training」

群馬大学2年 松永晨人

研修医が研修期間である2年間に習得すべき知識や手技を動画配信やQ&Aによって教育を提供するサービス。

 

ビジネスプラン部門 一般の部

GIA2018ファイナリスト ビジネスプラン部門一般の部
GIA2018ファイナリスト ビジネスプラン部門一般の部

COOMIRU(コーミル)で保育の先生たちに真の子育て環境をつくり出す

ARIGATO CONPANY株式会社 福島直

保育現場から子供の命を扱う部分をICT化させて心的労働負担を減らし、働きがいに満ちた職場環境にする

 

「キッチン・デリ」〜働き方改革の一つの形〜

有限会社グルメフレッシュ・フーズ 松本健

働く女性の有効な時間づくりとストレスケアのために、漁師のわずらわしさを解消するビジネス

 

「Troubless」機器の経年劣化による故障を未然に防ぐIoTシステム

三晃メンテクス株式会社 須永光

IoTの活用により工場等の機器の状態を常時監視し、故障によるトラブルのない生産ラインを実現します。

 

 

スタートアップ部門

GIA2018ファイナリスト スタートアップ部門
GIA2018ファイナリスト スタートアップ部門

TAGO STUDIO T3-01〜究極のヘッドホンを世界へ〜

TAGO STUDIO 多胡邦夫

レコーディングスタジオで生まれた音を忠実に再現する「究極のナチュラルサウンド」を追求した密閉型ヘッドホン。

 

「見た目」と「こころ」を回復するエピテーゼ

エピテみやび 田村雅美

事故やご病気で身体の一部をなくされた方へ、着脱可能な本物そっくりの人口ボディーで外見と心を回復します。

 

心電図遠隔判読サービス「コルシステム」

株式会社コルシー 堀口航平

全国の医療機関と循環器内科専門のドクターを遠隔でつなぎ、制度の高い心電図検査をサポートする事業

 

イノベーション部門

GIA2018ファイナリスト イノベーション部門
GIA2018ファイナリスト イノベーション部門

地域を紡ぐ鎮守の杜エリアイノベーション

山名八幡宮 高井俊一郎

古(いにしえ)よりソーシャルデザインの場であった鎮守の杜から地域全体を再生させ、全国へと広げる事業

 

現代人の足にインソール革命を起こす「足トレ」の開発

株式会社BMZ 高橋大吾

健常者および歩行障害予備軍に対して履くだけで筋トレ効果、足の機能改善効果のあるインソールの開発・販売。

 

 

受賞者発表

ビジネスプラン部門 高校生の部

MR(複合現実)を用いた職場体験ビジネス

群馬県立高崎高等学校2年 加部隆太・吉岡奨悟

 

ビジネスプラン部門 大学・専門の部

アグリウム=アグリカルチャー×アクアリウム

中央農業大学校2年 武彩伽

 

ビジネスプラン部門 一般の部

「Troubless」機器の経年劣化による故障を未然に防ぐIoTシステム

三晃メンテクス株式会社 須永光

 

スタートアップ部門

「見た目」と「こころ」を回復するエピテーゼ

エピテみやび 田村雅美

 

イノベーション部門

地域を紡ぐ鎮守の杜エリアイノベーション

山名八幡宮 高井俊一郎

 

GIA2018大賞

『COOMIRU(コーミル)で保育の先生たちに真の子育て環境をつくり出す』

ARIGATO CONPANY株式会社 福島直

GIA2018大賞 ARIGATO COMPANY株式会社 福島直さん
GIA2018大賞 ARIGATO COMPANY株式会社 福島直さん

「去年、私はステージを見ていました。この1年、ステージに立つことを目標にやってきました。しっかりとサービスを実現するために進めていきたいと思います。」

 

 

編集後記

昨年の倍以上の400組以上の応募の中からファイナリストに選ばれたのは6部門15組。ものすごくビジネスのヒントが詰まった15組の3分前後のプレゼン。

 

誰もが思いつくことができるビジネスの種を、どこでどのように咲かせるのかまで考えられる人はすごく少ないと思います。さらに、そこに自分の想い=Whyを乗せるとなると、本当に一握りの人なんだろうなと。

 

特別な才能がないとできないんじゃないかと思う人は多いと感じています。今回15組のプレゼンを聞かせてもらって、必要なのは純粋な自分の想い=Whyが強く大きいことが大切なんだと改めて感じました。

 

どんな素晴らしいことであっても賛否はあるし、ご指摘という名の心無い批判をする人も多いだろうけど、自分の想いを伝えることからしかなにも始まらないなと感じました。

 

エンタメ・イベントカテゴリの最新記事