もう少し気軽にWEBサイトって持っていいと思うんだよね。

4/22(日)前橋の歴史の魅力を発信する第二回前橋藩主 松平大和守家 顕彰祭開催

4/22(日)前橋の歴史の魅力を発信する第二回前橋藩主 松平大和守家 顕彰祭開催

(*カバー画像はSAPからお借りしています。)

前橋を治めた四藩主「前橋四公」で江戸時代末期の前橋藩主であった松平大和守家(まつだいらやまとのかみけ)。その功績を讃え歴史的価値をこれからのまちづくりに活用するために、イベントを開催。

前橋四公って?

前橋を治めた四藩主とは、酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)・松平大和守(まつだいらやまとのかみ)・秋元越中守(あきもとえっちゅうのかみ)・牧野駿河守(まきのするがのかみ)のことです。

以前には四公祭も開催しています。

その中の松平大和守家の功績を讃えるのがこの顕彰祭です。いろいろな功績があると思いますが、今回調べてすごいなと思ったのが、酒井氏が治めていた1699年の風水害の影響で年々利根川の侵食を受けていた前橋領内や前橋城。1706年には利根川氾濫により本丸の三層の櫓が倒壊。1767年には松平氏が治めていましたが前橋城の本丸城地が完全に川に浸食。

その後100年の間廃城状態にもなっていましたが、再びこの地を治めていた松平氏が新・前橋城を1867年に築城しました。これによって以降は前橋藩となりました。

現在、前橋城本丸跡地には群馬県庁本庁舎になっています。そして二の丸跡地には前橋市役所が、三の丸跡地は前橋地方裁判所、三の丸外郭の地が1905年に整備され、前橋公園となっています。

顕彰祭のスケジュール

10:00 「御手枡の槍」特別展示 臨江閣別館1F西洋間

13:00 第5回前橋四公教養講座 臨江閣別館2F大広間
講座テーマ「前橋藩・松平大和守家250年」 講師「前橋長尾家の江戸時代」著者 長尾正和 氏
*受付は終了しています

14:30 鉄砲隊行列 臨江閣〜前橋東照宮〜前橋公園

15:00 川越藩火縄銃鉄砲隊 藩主御前演武 前橋公園芝生広場

*車でお越しの場合は前橋市役所駐車場をご利用ください。
*当日は「前橋・渋川シティマラソン」開催日のため会場周辺の通行止めや駐車場の混雑が予想されます。

 

四公の日本酒も人気!?

「お前はまだグンマを知らない」の作家井田ヒロトさんがデザインしたキャラクターがラベルになってます。

秋元家はオレンジ、牧野家はグリーン、松平家はブラック、酒井家はパープルとなっています。さすがに一気には飲めないので味わいながら季節を感じながら楽しんでみます。

(*画像はフレッセイジャーナルからお借りしました)

歴史を知ると違った見方ができるようになり、より前橋を楽しめるようになると思います♪

エンタメ・イベントカテゴリの最新記事