大胡祇園まつりは暴れ獅子が暴れまくる

コト
全角18文字の文章を表示できます

2018年の大胡祇園まつりは7月28日(土)29日(日)で開催されます。

この祭りのメインは『暴れ獅子』お祭りに参加する前に暴れ獅子のことを知るともっと楽しめると思います!

暴れ獅子の歴史

暴れ獅子は、江戸時代末期、宿場町として栄えていた大胡宿に疫病が流行った時に天王様(牛頭天王)と暴れ獅子が、病を鎮めるために、町中を練り歩くようになったのが、始まりとされています。
牛頭天王は、八坂神社の祭神で、疾病を防ぐ神であり、神道におけるスサノオ神と同体とされています。医療技術が乏しい時代に、疾病を防ぐ強い力を持つ牛頭天王に対する仰は、かなり大きかったと思われます。牛頭天王は、単に「天王」と呼ばれました。
また、獅子は一般に、悪魔祓い・疫病退散の役割を担うことが多いが、これが牛頭天王と同一視され、大胡祇園まつりにおいては、単に獅子舞ではなく、神輿のような大きく威勢のよい「暴れ獅子」になったのかも知れません。
現在、暴れ獅子に関する資料等は、ほとんど無く、口伝えの伝承と大正時代?からの写真が、青年会に残っているだけです。

引用:大胡祇園まつりHPより

江戸時代から約160年続く歴史あるお祭りで、本来は天王様がメインのお祭りだったようですが、現在ではインパクトもあり圧倒的でさえある暴れ獅子がメインのお祭りとなっているそうです。

 

大胡祇園まつり詳細

日時:平成30年7月28日(土)29日(日) 16:00〜22:00

会場:下町通り・JA前橋市大胡支所広場・旧しののめ信用金庫駐車場・上毛電鉄大胡駅駐車場

主催 大胡祇園まつり実行委員会

後援:前橋市・前橋観光コンベンション協会・前橋東部商工会

お問合せ:大胡祇園まつり実行委員会事務局/027-283-1111

大胡祇園まつりHP:http://shishi.huu.cc/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました