アートは自己表現。Ron-Roner Designのアートはボディをも超える

GKC2018 ronroner ロンロネルデザイン ヒト
全角18文字の文章を表示できます

2018年8月12日に開催したGKCぐんまかわいいカルチャーに出店したRon-Roner DesignのHinaさんにイベントの感想や今後の展開などをインタビューさせていただきました。

 

すごい人たちが集まったからこそ役に立ちたい

GKC2018 ronroner ロンロネルデザイン

「GKC2018に出店を決めた理由を教えてください。」

 

最近イベントにはあまり出てなかったのですが、アロマーマの若井さんからお誘いいただいて、お互い群馬で頑張っている者同士なので、これは出るしかないと思い決めました。

 

参加するメンバーもすごい人たちだったので、ちゃんとやらなきゃなという責任感が生まれました。自分がすごいと感じている人たちとGKCのメンバーに入れたことに喜びがあります。

 

「出店をするにあたり、大変だったことはどんなことですか?」

 

私のデザインはかわいいよりかっこいいというイメージです。GKCのコンセプトである『群馬からかわいいを発信』ということをいろいろと考えて、キラキラするようにだったりとかシンプルにかわいいものを用意しようかとも考えました。

 

ただ、いつもの私の仕事を見て声をかけていただいたので、いろいろ悩まずそのままの私で出店しようと決めました。

 

「出店してみての感想を教えてください」

 

GKCの発信力はすごいなと感じました。しっかりとイベント自体のアピールができていたと思います。もちろん出店するみなさんの力の総合力なのですが、SNSや新聞でも告知ができているのは、群馬で新しいものが始まるということを感じることができた人が多かったように思います。

 

それは、来場されるお客さんが出店者だけに会いに来るという人よりも、このGKCというイベントを楽しむためにとか知るために来たという感じの人が多かったことからも感じます。

 

 

群馬だけでもたくさんのイベントがありますが、参加者みんなが同じ方向を向いて同じものを目指してやろうとしているのがGKCだったので、イベントに来たお客さんの記憶に残るような1日になったのではと思います。

 

私自身がとても楽しむことができたイベントだったので、続けていけるように良いところを参考にしていきたいと思います。

 

 

自分を表現するモノがボディアートだった

GKC2018 ronroner ロンロネルデザイン

「今のシゴトを始めたきっかけを教えてください」

 

学生時代はバンドでプロになりたかったんです。ただ、20歳くらいで厳しいかなとは感じていました。結果的にその時は音楽でプロになるのは諦めるのですが、ずっと音楽をやっていたので、それ以外の選択肢を考えるとき普通は嫌だなというのはありました。

 

音楽を忘れるためにもどんな仕事をしようか考えた時に、以前興味があったメヘンディのことを思い出しました。音楽に変わる自分を表現できることであると感じて仕事として始めようと決めました。

 

やるならプロフェッショナルになると決めているので、とにかくいろいろなイラストや絵や柄を見て描いていきました。また、関西や海外にいって活躍しているアーティストさんとも交流をしました。

 

5年くらい前からはイベントにも出店するようになり、仕事に対してプロフェッショナルの人が多く、またそういった人たちが今も変わらず活躍されているなと感じています。この時期に刺激を受けたことは今にすごく活きてます。

 

「今のシゴトの魅力を教えてください」

 

正解がないことが魅力ですね。ただ、間違いや失敗もないと思っています。99人には不正解だとしても1人が良い・好きと言ってくれれば正解になるのがアートだと思います。その1人がいる限り、喜びにもなるし、仕事を続けられる要素になってます。

 

よく失敗しないんですかと言われるんですが、私失敗しないんです笑。お客さんにご満足いただくための引き出しの多さが自分の強みでもあります。

 

もちろん心の中では、もっとできたはず、という悔しい想いもあります。負けず嫌いというのもありますし、できないというのが嫌なんです。だからできるまでやりますし、もっとできたと思う時はとことん練習します。

 

そういったことも含めて、ボディーアートはやりがいを感じます、なにより描くことが楽しいです。

 

 

私の仕事スタイルやライフスタイルを「いいなぁ」って思う人もいると思います。少しでも感じる方はどんどん自分のやりたいことをやってみればいいよ!ってお伝えしたいですね。

 

 

私が私であり続けるために

GKC2018 ronroner ロンロネルデザイン

「今後の目標や夢などを教えてください」

 

まずはこの仕事を続けることが目標です。自分を表現し続けることが、1人でも私に正解を出してくれる人がいるかぎり、続けたいし、そうありたいと思います。

 

ボディーアートとは、私が私であるもの 私そのものなのかなと感じてます。発信して受け取ってくれる人がいる、存在を肯定してもらいしてもらえたら嬉しいです。

 

私が考えるプロフェッショナルということは、誰になにを言われても、自分であり続けることができる人のことかなと。人に求められてやっているわけじゃないですし偽りのない自分でいること。誰かと比べるたり優劣とかではなく、全部をひっくるめて自分と言えることかなと。言葉にするのって難しいですね。

 

 

「2018年12月末までに出展をするイベント等が決まっていたら教えてください」

 

下仁田バイブレーションテーブル

イベントサイト:http://vibrationtable.wixsite.com/shimonita

日程:平成30年9月8日(土)

時間:10:00〜16:30

会場:下仁田駅周辺/ほたる山公園 など

お問い合わせ:バイブレーションテーブル現実会員会(TEL:090-4173-3867)/下仁田町商工観光課(TEL:0274-64-8805)

詳細はイベントサイトでご確認ください。

GKC2018 ronroner ロンロネルデザイン

 

 

Ron-Roner design 詳細

GKC2018 ronroner ロンロネルデザイン

HP FB Twitter Instagram

問い合わせ先:LINE@

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました