ペライチ(無料HP)作成モニター終了!参加いただいた方から感想をいただきました。詳しくはここをクリック!

笑顔が最高のGIFTです。前橋から全国へ!似顔絵師146さん

笑顔が最高のGIFTです。前橋から全国へ!似顔絵師146さん

幼少期から芸術に触れ、絵を描くことが大好き。友達に喜んでもらえた似顔絵を描き続けて10年。前橋で活躍している似顔絵師146(イシロ)さんに10年続いている理由や仕事を楽しむ秘訣を聞いてきました。

 

デザイナーの父とピアノ講師の母に育てられた似顔絵師146さん。子供の頃から絵を描くことが大好きでそれ以外の道を考えられなかったそうです。東京の専門学校に進み卒業制作も壁一面にたくさんの似顔絵を描き提出。しかし、就職は思ったようにいかなかったと。

前橋の似顔絵師146さん
卒業制作作品の一部

 

「小さい時から美術館に連れて行ってもらったり、造形教室に通わせてもらったりと、芸術やデザインに触れる機会が多かったです。自然と絵を描くようになり、小学校の時に読売新聞主催のコンクールに応募し2度受賞することができました。

いろんな絵を描きましたが、高校の頃は友達の似顔絵を描いて喜んでもらったり、先生の似顔絵を描いてみんなと笑ったりと、笑顔や笑いの1つのきっかけになってました。

専門に進みさらに学びを深めましたが、就職はせず群馬に帰ってきました。雑貨屋さんや印刷会社に勤めたりといくつか仕事をしましたが、デジタルの絵ではなく自分で描くほうがやっぱり好きだと改めて感じました。最初は仕事に絵を描くことを活かせてなかったです。」

 

似顔絵師になったきっかけはけやきウォークにいた似顔絵を描く人を見て『これを仕事にしたい!』と感じてすぐに東京のプロダクションに面接しに行き見事採用。

「星の子プロダクションという多くの似顔絵師が集まりお台場やサンリオなどで仕事をするような会社に入ることができました。ただ、東京で働くのは月に数回で、ほとんどは高崎イオンや太田イオンなどで似顔絵を描きました。

とにかく現場で先輩を見て学ぶというスタイルだったので、必死にそのスキルを覚えました。辛いと思うことはなく毎日が楽しかったです。これはこの10年ずっと変わらないですね。」

 

群馬で多くの現場に出られる似顔絵師が少なかったこともあり、まさに現場が修行の場になったそうです。その後ラフィーネ平田の専属似顔絵師となり多くのウエディング作品を作り始めます。

「自分でも依頼を受けようとSNSの活用を始めます。嬉しいことにとても反応がよく、だんだんと制作依頼が入るようになりました。ただあるときを境に、依頼の対応と作業の時間のバランスが変わり始め、元々デジタルのやり取りに苦手意識があり苦しく感じることが増えてきました。そんなときに声をかけてくれたのが現在も所属しているにがおえオレンジでした。

オレンジは元々知り合いの方が多く、メール対応や制作以外の部分のサポートをやってくれることの安心感もあり、所属することにしました。」

前橋の似顔絵師146さん
芸能人の似顔絵を描くことも。以前TVで似顔絵師を取り上げられた時の作品もある。

 

そこからは制作に全力を注げるようになったことで、より評価が高まり前橋だけでなく群馬県内、全国へと活躍の場を広げていきます。環境を整えることで自分の能力を最大限活かせる。そんな146さんに10年続いている秘訣を聞いてみました。

「一番はお客さんが喜んでくれることです。イベントなどでその場で描いてお渡しするときなどは笑顔を直に見られるし、通販の場合もお礼のお手紙やメールがきます。納品後のお客様の反応が来るまではすっごく不安なんです。その分『ありがとう』『とっても気に入りました』などの言葉をいただけることに心から感謝しますし安心できます。

大好きなことを仕事にできていること、それが多くの人に喜んでもらえていることに感謝と幸せを感じています。」

 

ただ、最近は似顔絵師泣かせのお客様もいるようで、参考にする写真の顔が下を向いていたり、アプリやプリクラで加工されている写真が増えてきている。よく似顔絵師仲間で大変だけどすっごくやりがいを感じるよねと話すこともあるそうです。

146さんが似顔絵師となりたくさんの人たちの笑顔を描いてきて感じることは『プレゼント』としての作品と『思い出』としての作品を創っていること、そこに関われていることの幸せが強いそうです。

 

前橋の似顔絵師146さん
動物の似顔絵も得意にしている

「決して多いわけではないですが、亡くなった人やペットと家族揃っての写真がないから似顔絵にしてほしいという依頼や、闘病中の家族の笑顔の似顔絵などの依頼があります。

描きあがった似顔絵を見て涙を流してくれる方もいます。そんなときは私も一緒になって泣いちゃったこともあります。他にもはじめて描かせてもらったのが高校生だったのに、大人になっていくタイミングを何度も描かせていただけてウエディングや子供ができたときなど、この10年という月日をやっていて本当によかったと思えることが増えてきました。」

 

最近では子供たちに絵を描く楽しさを伝えるワークショップなども開催。大人になっても絵を描く楽しさを持ち続けてくれる子が増えることを願っています。その最大級とも言える出来事があったそうです。

 

前橋の似顔絵師146さん
アユナツは妹さんと一緒に活動中

 

「以前私が似顔絵を描いた人が似顔絵師になったんです。しかも『146さんに憧れて似顔絵師になりました!いつか一緒に仕事したいです!』ってメールも。感動です。それと同時に人の人生を変えてしまうほどの影響力があることに緊張と責任も感じました。

そのあとやり取りをさせてもらって先日一緒にイベントに出ました。私も感慨深かったです。もっと成長していこうと感じました。」

 

前橋の似顔絵師146さん
似顔絵師はんだなんださんと

 

 

「将来絵本を描いてみたいです。内容とかは考えてないですが実現できるのが楽しみです。私は10年まったく飽きることなく似顔絵師をやっていますがふとお花屋さんで働いてみたいとか、カフェで働いてみたいとか思うこともあります。実際に働くことは今はないですが、どんな時も常に楽しく好きな事を仕事にしたいですね。

他にはライブペイントだったり学生時代から嵐が好きなのでいつか一緒に仕事ができたらいいな。笑

 

最近はお店のメニューやチラシなどの依頼もあり、上手く出来るか不安はありますが、やり甲斐を感じます。

似顔絵は、最初の頃はもちろんお客様に満足していただける作品が描けない事もありました。今でも上手な方の絵を見て、自分はまだまだだと感じる事が多々あります。少し気分が落ち込んだ時はお客様から頂いたコメントを読んで、励まされています。

これからももっともっと楽しむ努力を続けて日々勉強日々成長して多くの方の笑顔に出会えるようにしていきたいと思います。」

 

 

いろいろなお話を聞かせてもらいました。とにかく楽しむこと。そしてそれを続けることができるように一生懸命になること。わかっているけどできないと感じる人が多い部分ではありますが、楽しみながら続けることができる仕事と出会える幸せを146さんから強く感じました。

最高の笑顔のGIFTを贈りたい方はぜひ146さんに依頼を出してみてください。SNSなどを拝見すると依頼を後悔しないなと確信が持てます。

 

前橋の似顔絵師146さん

 

似顔絵師146さんのメディア

Instagram 146さんのHP ORANGEのHP

Instagramではいろいろな作品をアップしています。また、週末のイベント出店情報もありますので、ぜひ1度遊びに来てください。

制作依頼は各HPからお願いします。

 

『人』『お店』を紹介カテゴリの最新記事